MENU

紫外線について知ろう!

コスメコンシェルジュ

飯嶋さつき

暖かくなりはじめた今日このごろ。紫外線対策は万全ですか? 「もう少し暑くなったらでいいや!」と油断している方に必見の紫外線についてご紹介します。

“白く透明感のある肌” に近づくために、まずは「紫外線の特徴」を知ることが大切です。

肌老化の原因である「紫外線」は、季節や時間などにより、その強さが異なります。紫外線が強いときほど、より注意が必要ですので、どのような状況だと注意しなければいけないのかを知り、きちんとケアをしましょう。

紫外線対策を強化すべき季節は?

紫外線は一年中降り注いでいます。真夏になると急に日焼け止めを塗りはじめるという方も多いですが、紫外線の照射量は4月ごろから増加し、5月には真夏とほぼ同じに。通年のUVケアに加え、春先からの紫外線対策が重要になります。

紫外線の多い時間帯は?

一日のうちで紫外線が最も降り注ぐのは、やはり日中 (10時 - 13時ごろ) がピークに。朝に塗った日焼け止めが、皮脂や汗などで落ちてしまっていることも。こまめな塗り直しが大切です。手軽に重ねづけができるパウダータイプの日焼け止めなら、メイク直しとUVケアが同時に行え便利です。

曇りの日の紫外線対策は不要?

曇りの日でも、快晴の日の約半分の紫外線が降り注いでいます。太陽が出ていないからといって、油断は大敵。日ごろから日焼け止め効果のあるファンデーションなどを取り入れることで、塗り忘れなどを防ぎ、肌を紫外線から守ることができます。

まとめ

  1. 紫外線は年中無休。とくに春先のUV対策が重要です。
  2. 紫外線量は日中がピーク。日焼け止めの塗り直しをしましょう。
  3. 曇りの日も紫外線が! UV対策は抜かりなく。

紫外線について知ることで、賢くUVケアを楽しみましょう!

ページトップ