女子アナに聞く! 第一印象で心をつかむメイクのコツ

フリーアナウンサー

伊藤里奈

みなさんこんにちは。フリーアナウンサーの伊藤里奈です。 今日は私が普段人前に立って話すときに心がけているメイクについてご紹介したいと思います。知的に見られたい、かわいいと思われたいなど、外見への願望はそれぞれだと思いますが、少しでも何かお役に立てればと思います。

相手が自分に求めている印象は?

自分にはなにが一番似合うとか、一番気に入っているメイクなどとは違う視点が必要です。

例えば女子アナに求められるメイクだったら、流行りの先端をいく斬新で印象的なメイクよりも、清潔感や品性を兼ね備えた、古くないけど行き過ぎていないメイクが求められます。あなたが今心をつかみたいと思う相手はどんな方でしょうか? その方にはどんな印象を持ってもらいたいでしょうか? さらにその印象の先にあなたが相手に求めていることはなんでしょうか? そういうことを理解するとどんなメイクが正解が見えてくると思います。

私は6年半、東北のテレビ局で働いていましたが、キー局のアナウンサーとは違い、メイクもヘアセットもほとんど自分でしていました。ニュースのときは知性的な雰囲気を出したく、ベージュやブラウンの落ち着いたアイシャドウを選び、眉もキリッと、チークは薄目、服装はかっちりジャケットスタイル。一方、お天気ニュースの担当のときは、季節感と女性らしさが出るスカートスタイル。柔らかい印象になるよう眉もふんわりめにブラウンを載せ、アイラインは目じりを少し落としたりしていました。

相手が通常描いている印象から外れると、違和感がでますよね。その違和感がいいイメージにつながる場合でしたらむしろ印象に残って興味を持ってもらえるかもしれません。ただニュースを読むときに重要なのは、相手に情報の中身に集中してもらうことです。そのときに違和感は邪魔。ですからなるべく外見もその番組のイメージに合うよう心掛けていました。

流行を味方につけて

そして第一印象に大きく影響するのは表情です。素直な笑顔の人はそれだけで好印象ですよね。もちろん表情には内面や気持ちが現れますから、自分に自信が持てるメイクだと、それだけで人と話すのもうれしくなるし、初対面でも笑顔でいられたり、積極的になれます。逆に自信がないと、余裕もなくなって消極的になってしまったり、心ここにあらずで人の話もしっかり聞けません。ぜひ、TPOに合わせ、自信を持って輝ける自分メイクを見つけてください。

私の場合、流行を適度に取り入れることを意識しています。置いていかれていないという安心感は自信にもつながります。一度このコスメ、メイクが一番と思っても、この時代どんどん新しいコスメが出てきて、気づけばすっかり古い顔なんてことも。そうならないためのお勧めは百貨店などの化粧品カウンターで新作を試すこと。新作には化粧品業界のノウハウがつまっていてそれをひとつでも取り入れるだけで今の顔になれた気がします。心も弾みますよね。プチプラでもよいですが、カウンターだと美容部員の方にいろいろ教えてもらえて勉強になります。

目上の方には上品できちんとしてみられたい、年下には頼りにされる流行に敏感な女性にみられたい、など、ときと場合によって正解メイクは変わるもの。色々な顔を使いわけられたらさらに余裕のある魅力的な女性になれそうですよね。

ぜひ相手の心をつかむメイク、探してみてください。